ヴァージン・アメリカ:身売りを検討、買収への関心受ける-関係者

英資産家リチャード・ブランソン氏が一部出資する米航空会社ヴァージン・アメリカは自社の一部あるいは全ての身売りについて、買い手候補に接触していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  ヴァージン・アメリカは主に米国内とメキシコ路線を飛行している。情報が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によれば、同社は買収への関心を受け、金融助言役の企業と共に協議している。まだ決定事項はなく、身売りを選択しない可能性もあるという。

  ヴァージン・アメリカの担当者にコメントを求めたがまだ返答は得られていない。

原題:Virgin America Said to Consider Sale After Receiving Interest(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE