伊ポポラーレとBPMが合併に近づく、ECBが修正案を承認-関係者

イタリアのバンコ・ポポラーレとポポラーレ・ディ・ミラノ銀行(BPM)が合併に近づいた。修正合併案を欧州中央銀行(ECB)が承認したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。両行の合併が実現すれば、同国3位の銀行が誕生することになる。

  23日のイタリア証券取引所で両行の株式は売買停止となっている。協議が非公開であることを理由に匿名で発言した関係者2人によると、合併案にはポポラーレが株式発行や資産売却、不良債権処理を通じ約10億ユーロ(約1260億円)を調達する計画などが盛り込まれており、ECBが22日に詳細な説明を求めていた。

原題:Italy’s Popolare, BPM Said Nearer to Merger After ECB Talks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE