中国株:上昇、創業板指数が強気相場入り-信用取引融資残高膨らむ

更新日時
  • 創業板指数は2月の安値から20%上昇
  • 上海総合指数は取引終盤に上昇し、3000の大台を回復して終了

23日の中国株式相場は取引終盤に上昇。小型株の指標である創業板(チャイネクスト)指数が強気相場入りした。信用取引融資の再開がよりリスクの高い銘柄への需要を後押しした。

  創業板指数は2月の安値から20%上昇。上海と深圳の証券取引所の信用取引融資残高は21日に昨年11月以来の大幅な増加となった。当局の規制緩和が寄与した。

  上海総合指数は前日比0.4%高の3009.96で終了。終値ベースでの3000台乗せは今週2回目。テクノロジー株の値上がりで、取引終了前の30分間に上昇に転じた。

  珩生鴻鼎資産管理の戴明ファンドマネジャー(上海在勤)は「国内の経済指標が安定し、米国は利上げを手控える中で、株式市場の環境は改善しつつあるとみられ、信用取引の増加も株価上昇を後押ししている」と分析。「特に創業板指数や小型株で上昇が続く余地はなおある。こうした投機的環境ではバリュエーション(株価評価)がかなりの高水準に達する可能性がある」との見方を示した。

  CSI300指数は前日比0.3%高。香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数、ハンセン指数共に0.3%安で引けた。  

  創業板指数構成銘柄でウエート3位の東方財富信息(300059 CH)は6.3%高。浙江核新同花順網絡信息(300033 CH)は10%の値幅制限いっぱい上げた。中国国際航空(601111 CH)や中国南方航空(600029 CH)など航空株は下落。ブリュッセルでのテロ事件が響いた。

原題:Chinese Small-Cap Stocks Enter Bull Market as Margin Debt Jumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE