バング&オルフセンが身売り交渉、中国提携先の耀菜と-株価大幅高

デンマークの高級オーディオ・ビジュアル製品メーカー、バング&オルフセンが身売りに向けて中国の販売提携先である耀菜集団と交渉中だ。金額は明らかにされていない。

  ロールス・ロイスやベントレーといった高級車や高級時計の販売も手掛ける耀菜は発表文で、バング&オルフセンの事業拡大に必要な投資額とブランドをめぐる「大きな不透明性」を反映した買収価格である必要があると説明した。香港上場の耀菜の時価総額はバング&オルフセンの約半分。

  バング&オルフセンの株価は22日のコペンハーゲン市場で一時、前日比8%高。現地時間午前11時34分現在の株価(71デンマーク・クローネ)に基づく時価総額は約31億クローネ(約522億円)。年初来では約14%下落している。

原題:Bang & Olufsen in Talks to Be Bought by China’s Sparkle Roll (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE