アルゼンチン、グローバル債発行でJPモルガンなど7行起用-関係者

  • 4月第1週に投資家向け説明会を開始する公算
  • 債務問題決着に伴う支払いに充てるため約120億ドルの調達を計画

アルゼンチンは2001年に950億ドル(現在の為替レートで約10兆6500億円)規模のデフォルト(債務不履行)に陥って以来初めてとなるグローバル債発行に向けて7行を起用した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同国はJPモルガン・チェースとドイツ銀行、サンタンデール銀行、HSBCホールディングスをグローバル主幹事に起用。ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)とUBSグループ、シティグループはブックランナーとなる。情報の非公開を理由に同関係者らが匿名で語った。それぞれの役割はなお流動的という。関係者1人によれば、4月第1週に投資家向けの説明会を始める可能性がある。

  アルゼンチンは債務問題の決着でポール・シンガー氏率いるエリオット・マネジメントなど債権者と合意に達したのに伴い、支払いに充てるため約120億ドルの起債を来月実施する計画。

  アルゼンチンの財務省当局者からコメントは得られていない。

原題:Argentina Said to Hire Seven Banks to Handle Global Bond Offer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE