豪中銀の通貨安誘導とも取れる表現で米が注意促す-IMFと懸念表明

オーストラリア準備銀行(中央銀行)が豪ドル安の誘導とも受け取れる表現を昨年用いたことをめぐり、米国が懸念を示していたことが分かった。米側は自由に変動する為替相場へのコミットメントにあらためて言及し、豪当局に注意を促した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。