アップル株、アイフォーン発表後1カ月は平均1.5%上昇-チャート

  米アップルの株価は21日、小型で低価格の「iPad(アイパッド)プロ」と「iPhone(アイフォーン) SE」を発表した後に下落した。しかし、過去の経験則が参考になるなら、株価は今後上向くはずだ。ブルームバーグの集計データによると、創業者スティーブ・ジョブズ氏が2011年に死去して以来、アップルの株価は製品発表後1カ月で平均1.5%上昇した。ただアイフォーンやアイパッドの新機種の効果は失速する傾向があり、発表から3カ月後には平均1.8%下落した。これに対し、S&P500種株価指数は3カ月後に2.9%上昇していた。

原題:Apple Shares Tend to Reap 1.5% Gain After IPhone Launch: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE