NY外為(18日):ユーロ下落、ECB理事が追加利下げ余地と発言

更新日時

18日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが4日ぶりに下落。ユーロ圏経済の回復が腰折れすれば、欧州中央銀行(ECB)は追加利下げをする余地があると、プラート理事が述べたことが背景だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。