産金株が依然割安な理由-大手で構成する指数3カ月で87%上昇

  • 各社のコスト削減で金価格上昇の利益への寄与度大きく
  • 企業が保有する金の埋蔵量の価値に基づけば、前年比で19%割安

産金株はここ数十年で最大の上昇を示しているが、各社が保有する金埋蔵量の価値の指標に基づけば依然割安だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。