17日のインド株式相場は総じて高い。米連邦公開市場委員会(FOMC)が16日に年内の利上げ見通しを下方修正したことを受け、エネルギー銘柄と工業株が買われた。

  ガソリンとディーゼル油の値上がりを背景に、バーラト石油が国営石油会社の上げを主導した。インドガス公社(GAIL)は6週間ぶり高値を付けた。発電機メーカーのバーラト重電機は指数構成銘柄の中で最も上げた。一方、製薬会社のルピンとシプラは大幅安となった。

  指標のS&P・BSEセンセックスは前日比ほぼ変わらずの24677.37で終了。アジア株高の流れで一時は1.1%上昇したが、欧州株式相場の寄り付きが軟調で上げを解消した。

原題:Most Indian Stocks Climb as Energy Shares Gain; Drugmakers Drop(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE