16日のインド株式相場は取引終盤に上昇し、指標のS&P・BSEセンセックスは1週間ぶり大幅高となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控え、欧州で株高となった流れに追随し、銀行株と製薬株が値上がりした。

  インド最大の民間銀行、ICICI銀行の上昇率が構成銘柄の中で首位。製薬会社のシプラとルピンは今週2回目の値上がり。国内最大のたばこメーカー、ITCは2週間ぶり大幅上昇。ソフトウエアサービスで国内2位のインフォシスは3営業日ぶりに買われた。

  センセックスは前日比0.5%高の24682.48で終了。一時は0.8%安となる場面もあった。この日発表されるFOMC声明で米利上げのタイミングが明らかになる可能性がある。

原題:India’s Sensex Climbs Most in a Week Before U.S. Fed Meeting(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE