インド株(終了):6週ぶり高値から反落-製薬株が安い

15日のインド株式相場は、指標のS&P・BSEセンセックスが前日に付けた6週間ぶり高値から反落した。日本銀行が追加緩和措置を見送ったことを受けたアジア株安になびいた。

  製薬会社ルピンが構成銘柄の中で最もきつい値下がり。同社のゴア部門が米食品医薬品局(FDA)から警告を受けたことが嫌気された。同業でインド最大手のサン・ファーマシューティカル・インダストリーズは1カ月ぶり安値を付けた。自動車メーカーのタタ・モーターズは10営業日ぶりに下落した。

  センセックスは前日比1%安の24551.17で終了。これは3週間ぶりの大きな値下がり。

原題:India’s Sensex Retreats From Six-Week High as Drugmakers Decline(抜粋)