10日のインド株式相場は反落。昨年10月以来で最長だった前日までの6営業日続伸で、一部に警戒感が広がった。

  ソフトウエア輸出銘柄の下げが目立ち、同業界インド2位のインフォシスは約2週間ぶりの大幅安となった。創業者のうち2人が同社株を手放したことが材料視された。国内最大の発電設備メーカー、バーラト重電機は1週間ぶり安値。世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズはここ1カ月で最大の下げだった。

  S&P・BSEセンセックスは前日比0.7%安の24623.34で終了。前日まで6営業日で7.8%上昇していた。相対力指数(RSI、14日間ベース)は9日に62に達し、売りシグナルとされる70に接近した。

原題:Indian Stocks End Six-Day Advance as Infosys, Reliance Decline(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE