4日のインド株式相場は上昇。連休を控えて値動きの荒い展開となった。今週は海外勢による買いが膨らみ、指標のS&P・BSEセンセックスは週間ベースで4年ぶり大幅高となった。

  インドステイト銀行とICICI銀行は共に週間ベースで大きく上げ、上昇率は21%と19%となった。高級車メーカーのジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・モーターズはこの日、6週間ぶり高値まで上昇。指数構成銘柄で上昇率トップは発電機メーカーのバーラト重電機。

  センセックスは前日比0.2%高の24646.48で終了。前週末比では6.4%高と、2011年12月2日終了週以来の大幅上昇。海外勢による3日までの月初来のインド株売買動向は8億6000万ドルの買い越し。これで年初来の売越額は20億ドルに縮まった。7日のインド株式市場は祝日のため休場。

原題:India Sensex Caps Biggest Weekly Gain Since 2011 as Inflows Jump(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE