世界最大のヘッジファンドを率いるレイ・ダリオ氏は、2008年のような金融危機ではなく、低リターンと変動しやすい金融市場を投資家は想定するべきだと述べた。

  ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者であるダリオ氏はテキサス州オースティンでブルームバーグテレビジョンとのインタビューに応じ、「私は株に関して弱気ではない」と発言。「2008年のようなものは予想していない。なぜなら2008年は債務危機だったからだ」と話した。同氏は寄付基金のテキサス大学投資管理会社(UTIMCO)がオースティンで開いた会議に出席した。

  株価は長期的には約4%のリターンを上げる可能性が高いとダリオ氏は見込んでいる。

  同氏は米金融当局がさらに25ベーシスポイントの利上げを実施する可能性はあるが、そうした行動は「重大な誤り」だと言明。「次の大きな行動は、大きな引き締めよりも、量的緩和の方向にならざるを得ないと私は確信している」と続けた。

原題:Bridgewater’s Ray Dalio Says ‘I’m Not Bearish on Stocks’ (2) (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE