米グーグルは米国で試験中の自動運転車が2月中旬、バスと接触事故を起こしたことを明らかにした。自社の自動運転技術が事故の一因になったのを同社が認めたのはこれが初めて。

  この自動運転車は「レクサス」スポーツ型多目的車(SUV)モデルの「グーグルAV」で、カリフォルニア州マウンテンビューで路上の砂袋を避けようとして公共輸送バスと接触した。同州自動車局に提出された事故報告書によれば、グーグルAVは右折しようとした交差点で砂袋により停車した後、砂袋を避けるためにレーンの中央へと動き始めた。テストドライバーはサイドミラーで後ろからバスが近づいてくるのに気づいたものの、バスが減速ないし停止すると考えたという。

  この事故でけが人は出ていない。

原題:Google Self-Driving Vehicle Collides With Bus in Silicon Valley(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE