NY金:反発、月間ベースでは4年ぶり大幅高-逃避需要の買いで

29日のニューヨーク金先物相場は反発。月間ベースでは4年ぶりの大幅上昇となった。安全資産の需要が強まったことで、金連動型ファンドを通じた金の買いが活発になった。

  フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「金や金関連資産に資金が流れているとのニュースは確実に支援材料だ」と指摘。「金買いを促しているのは不透明感や不安だ」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前営業日比1.1%高の1オンス=1234.40ドル。月間では約11%高と、2012年1月以来の大幅上昇となった。

  この日は銀先物も上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムも値上がりした。

原題:Gold Posts Biggest Monthly Gain in Four Years on Haven Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE