新興市場株:下落、中国株安が響く-月間では4カ月連続の下げへ

29日の新興市場株は下落し、このままいけば月間ベースでは4カ月連続の下げとなる。中国株の値下がりや原油安が響いた。

  上海総合指数は2014年11月以来の安値に近づいている。人民元は7営業日続落し、このまいけば今年最長の下げとなる。

  MSCI新興市場指数は香港時間午後1時58分(日本時間同2時38分)現在、前週末比0.5%安の736.60。2月に入ってから0.8%下落しており、このままいけば月間では昨年9月以来最長の値下がり局面となる。

  通信サービスや公益を中心に全10業種が下落。携帯電話サービスで世界最大手、チャイナ・モバイル(中国移動)が指数の下げに最も響いている。

原題:Emerging Stocks in Fourth Monthly Decline as China Rout Extends(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE