中国株:上海総合指数、1年3カ月ぶり安値近辺-G20に失望感

更新日時
  • G20で具体的な成長支援策が打ち出されず、一部の投資家が失望
  • テクノロジー株や工業銘柄が下げを主導

29日の中国株式相場は下落。上海総合指数は2014年11月以来の安値近辺となった。上海での20カ国・地域(G20)財務相 ・中央銀行総裁会議では具体的な成長支援策が打ち出されず、一部の投資家の間で失望感が広がった。

  上海総合指数は前週末比2.9%安の2687.98で終了。一時は4.6%下げていた。月間ベースでは1.8%値下がり。景気減速の深刻化に伴い資本流出が加速するとの懸念から、指数は年初来で24%下落と、世界の93株価指数で最悪のパフォーマンスとなっている。人民元はこのままいけば7営業日続落と、今年最長の下落局面となる。

  君康人寿保険によると、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が26日に追加緩和の余地があると述べたことで、投資家は中国当局が週末に景気支援策を発表すると期待していた。また、瑞東金融市場の中国担当チーフエコノミスト、王致翔(スティーブ・ワン)氏(香港在勤)は、資金が株式から住宅にシフトする兆しが強まっていると指摘。「投資家はG20で朗報がなかったことに失望し、人民元は再び下げ始めている」と述べた。

  CSI300指数の業種別ではテクノロジー株や一般消費財関連、工業銘柄の指数の下げが目立った。中国人寿保険(601628 CH)は3.3%安と、上海総合指数の下落に最も大きく響いた。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前週末比1.5%安で引け、月間では4カ月連続下落となった。ハンセン指数は前週末比1.3%安。

原題:China Stocks Tumble Toward 15-Month Low as Stimulus Bets Unwind(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE