バフェット氏:大統領選候補者の暗い米経済見通し、「完全な間違い」

  • 選挙戦では経済的苦境に絶えず照準が合わせられている
  • 今の米国に生まれた赤ちゃんは歴史上、最も幸運

米国の先行きを長年楽観してきたウォーレン・バフェット氏は、2016年の米大統領選挙を支配する悲観的な経済見通しを否定し、明るい未来を力強く訴えた。

  バフェット氏は自身が会長を務める投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの株主宛て書簡で「このネガティブな宣伝の結果、子供たちは自分たちより良い暮らしを送れないと多くの米国民が思うようになった」と述べ、「こうした見方は完全に間違っている。今の米国に生まれてくる子どもたちは歴史上、最も幸運な人たちだ」と指摘した。

  バフェット氏の書簡は、同社の決算発表の一環として27日にウェブサイトに掲載された。オバマ大統領の退任後にホワイトハウス入りを目指す各候補者は、米国が下り坂にあり、中間層や労働者階級がそのことを最も強く感じていると主張して選挙戦を展開しているが、こうした中心的テーマをバフェット氏は一蹴。ヒラリー・クリントン前米国務長官を支持するバフェット氏(85)は、暗い見通しを主張する候補者名には言及しなかったが、共和党候補者の大部分やクリントン氏の対抗馬であるバーニー・サンダース上院議員の主張とは相いれないメッセージを送った。

  バフェット氏はまた、テロリズムやサイバー戦争、気候変動、労働者の経済的混乱などのリスクに触れたものの、苦痛の構図は政治家の利己主義から生まれたものであって、米国の課題を的確に反映するものではないとも説明。「選挙の年であり、候補者は米国の問題について話をやめることができないのだ」と記した。
  

原題:Buffett Says Candidates ‘Dead Wrong’ on Gloomy U.S. Outlook (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE