ブラジル株:ボベスパ指数、下落-企業収益への懸念で

26日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は下落。食品加工ブラジル・フーズ(BRF)や高速道路運営のコンセッソンエス・ロドビアリアス(CCR)の収益がここ1世紀余りで最悪のリセッション(景気後退)で圧迫されているとの懸念が広がった。

  証券会社レローザ・インベスチメントスのアナリスト、ビトール・スザキ氏は「ブラジル企業は昨年大きな打撃を受けており、2016年の見通しも非常に悲観的だ」と指摘。「企業の不安定なシナリオを考慮し、市場はさらに神経質になりつつある」と述べた。

  ボベスパ指数は前日比0.7%安の41593.08で終了。レアル相場は1.1%安の1ドル=4レアル。

原題:Ibovespa Leads Declines in Americas Amid Disappointing Results(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE