ヘッジファンド、運用資産が3兆ドル割れ-2014年以来で初めて

世界のヘッジファンドが運用する資産が1月に3兆ドル(約339兆円)を割り込んだ。2014年5月にこの節目を突破して以来、割り込むのは初めて。イーベストメントのデータが示した。

  それによると、投資家は差し引きで215億ドルをヘッジファンドから引き揚げた。流出額は1月としては09年以来で最大。マイナスの運用成績による目減りは432億ドルで、運用資産は1月末時点に2兆9600億ドルとなった。昨年成績がマイナスだったファンドは1月に248億ドルの償還を迫られた。

  株式、債券、マルチストラテジーのファンドからは資金が純流出したが、商品ファンドへの関心は5カ月連続で高まり1月は12億ドルが流入した。

原題:Hedge-Fund Assets Below $3 Trillion for First Time Since 2014(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE