中国株:上海総合指数、反発-人民銀総裁の緩和余地発言が下支え

更新日時
  • エネルギー株や素材銘柄が上げをけん引
  • 株式市場が直ちに安定化する公算は小さい-華西証券アナリスト

26日の中国株式市場で、上海総合指数が反発。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が景気刺激に向けさらなる緩和余地があると述べたことを受け、前日の急落から持ち直した。

  上海総合指数は前日比1%高の2767.21で引けた。エネルギー銘柄が上げの中心。前日は6.4%安だった。

  CSI300指数も前日比1%高で終了。エネルギーと素材株の指数が共に2.9%以上の値上がりとなり、全10業種で上昇が目立った。石炭株がエネルギー銘柄の上げを主導し、エン州煤業(600188 CH)と山西潞安環保能源開発(601699 CH)がいずれも値幅制限いっぱいの10%高。来週開幕する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、過剰生産能力の抑制に向けた施策が議論されるとの観測が広がった。鞍鋼軋鋼(000898 CH)は3.9%高。

  華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は、「周総裁の発言が市場の懸念を若干和らげた。全体的な流動性環境は引き続き緩くなりそうだ」と分析。「投資家心理は不安定のようで、株式市場が直ちに安定化する公算は小さい。変動が大きい相場になるだろう」と説明した。

  香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前日比2.1%高と4日ぶりの上昇で引けた。ハンセン指数は同2.5%高で終了、15日以来の大幅高だった。

原題:China’s Stocks Stabilize After Rout as Zhou Sees Room to Ease(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE