G20に市場の圧力、成長支援と通貨安定の公約を-株価急落の中

  • 財政刺激策への支持が声明に盛り込まれなければ悪材料に-シティ
  • 公約されれば来週は株価が上昇する-ナショナル・アライアンス

世界的な市場混乱で損失を被った投資家は、20カ国・地域(G20)の当局者らが成長支援と為替変動の沈静化に向け行動の用意があるとの姿勢を示すことを期待している。

  G20財務相・中央銀行総裁会議は26日から2日間の予定で始まる。シティグループの主要先進国通貨戦略責任者スティーブン・イングランダー氏は、共同声明に財政を通じた刺激策への支持がより明確な形で盛り込まれない場合は投資家に悪材料として受け止められるだろうと指摘した。

  ナショナル・アライアンス・キャピタル・マーケッツの国際債券責任者、アンドルー・ブレナー氏は財政拡大と中国為替政策の明確化が公約されれば来週は株価が上昇し、これらの問題が言及されなければ下落すると予想されるとしている。

  イングランダー氏は25日のリポートで、「過去の文言から変わらなければ市場を強く失望させるだろうし、現状に自己満足しているか、ないしは政治の行き詰まりの反映と見なされよう」と指摘。G20は「金融政策は財政拡大を伴わねばならないと各国に毅然(きぜん)として伝える」べきだと主張した。

原題:G-20 Faces Markets Cry for Action as Stocks Drop Amid Volatility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE