トランプ氏が南部で大幅リード、スーパーチューズデー控え-調査

更新日時

米大統領選で共和党の候補指名獲得を目指すドナルド・トランプ氏は、3月1日の「スーパーチューズデー」に予備選が集中する南部で、大幅な支持率のリードを保っている。米国でも特に保守的な有権者を抱える「バイブルベルト」と呼ばれる南部諸州で、2回の離婚経験のあるニューヨーク出身のトランプ氏は驚くべき強さを示している。

  南部7州の共和党予備選で投票する可能性のある人を対象に実施したブルームバーグ・ポリティクスのオンライン世論調査によると、トランプ氏の支持率は37%。マルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州)とテッド・クルーズ上院議員(テキサス州)が共に20%で続いた。

  トランプ氏はルビオ、クルーズ両氏に対する1対1の仮想対決でも勝利。指名争いが2人に絞られたらトランプ氏の勢いに陰りが出るとの主張を崩す結果となった。

  調査結果はトランプ氏が幅広い支持を集め、同氏の経歴を問題視する可能性のある保守主義者や福音主義者でさえ同氏を受け入れていることを示しており、今後ライバルが同氏を倒すのは一段と困難になるとみられる。

  調査は米パープル・ストラテジーズが今月22ー24日、3月1日に共和党予備選が行われるアラバマ、アーカンソー、ジョージア、オクラホマ、テネシー、テキサス、バージニアの7州で実施。3月1日の「スーパーチューズデー」では11州で予備選や党員集会が開かれる。

原題:Trump Dominates Bloomberg Poll of Super Tuesday States in South(抜粋)

(3段落目以降に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE