「イスラム国」、フェイスブックとツイッターのCEOを動画で脅迫

過激派組織「イスラム国」(IS)は、フェイスブックとツイッターの最高経営責任者(CEO)らを標的とする新たな動画を公開した。

  英紙ガーディアンやイスラム教過激派の動きを監視しているSITEインテリジェンス・グループのリタ・カッツ氏のツイートによると、25分間の動画にはフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOとツイッターのジャック・ドーシーCEOの顔が映し出されるが、弾丸で穴が開いたようになっている。この動画はIS関連組織が作成したとみられるという。

  オバマ政権は1月、フェイスブックやツイッターなどの企業にテロ対策への協力を呼び掛けた。パリ同時多発テロやカリフォルニア州サンバーナディーノでの銃乱射事件を受け、ソーシャルメディアの利用も含めて過激派の動きを阻止しようとする取り組みの一環。

  動画のテキストは、IS関連のアカウントを凍結したとしてこれら企業のトップを非難。アカウントを一つ閉鎖されれば、仕返しに10奪うとし、フェイスブックではアカウント1万余り、ツイッターでは5000を超えるプロフィルを乗っ取ったと主張している。

  ガーディアンによると、ツイッターの広報担当者はこの動画に関して、このような脅迫は現在では日常茶飯事のため反応しないと発言した。

原題:Islamic State Releases Video Targeting Facebook, Twitter CEOs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE