インド株(終了):3日続落、デリバティブ取引期日で荒い値動き

25日のインド株式相場は下落し、指標のS&P・BSEセンセックスは3日続落となった。デリバティブ(金融派生商品)取引の期日で荒い値動きとなった。

  高級車メーカーのジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・モーターズの下げが目立った。インド最大の銀行、インドステイト銀行は2年ぶり安値を付けた。

  また、この日発表された鉄道予算案への失望から、ティタガル・ワゴンズとカリンディー ・レール・ニルマン・エンジニア-ズが値下がりした。

  センセックスは前日比0.5%安の22976.00で終了。プラブ鉄道相は議会で、新たなプロジェクトを打ち出すよりも、既存プロジェクトの完了に注力する方針を示した。政府は29日に来年度予算案を発表する。

原題:Indian Stocks Drop for Third Day on Expiry as State Bank Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE