加エンブリッジ、約1600億円の増資を計画-財務基盤強化を目指す

カナダのパイプライン運営会社エンブリッジは原油安に見舞われる中で財務基盤を強化するため、20億カナダ・ドル(約1600億円)の増資を計画している。

  発表資料によると、エンブリッジはボートディール方式による普通株4914万株の発行で金融機関グループと合意した。調達した資金は短期債務の返済に充てる。

  カナダのエネルギー企業は向こう5年間に債務の返済期限を相次いで迎えるが、市場での借り入れコスト上昇や商品関連の債券投資敬遠で資金調達が厳しくなる恐れがある。原油価格は2014年半ば以降で約70%下落しており、収入を圧迫している。

  エンブリッジの株価はこの1年間に29%下落している。

原題:Enbridge Plans to Raise About $1.5 Billion in Equity Sale (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE