セールスフォース:2-4月見通しは予想上回る-クラウド需要で

更新日時
  • CEOは成長加速に向け新製品や買収への投資を進めている
  • セールスフォースの株価は時間外取引で上昇

米セールスフォース・ドット・コムの2-4月(第1四半期)の売上高と利益の見通しは、アナリストの予想を上回った。企業顧客がクラウド型サービスへの支出を増やしていることが追い風となっている。

  24日の発表資料によると、第1四半期の売上高は18億8500万-18億9500万ドル(約2110億ー2120億円)となる見通し。ブルームバーグがまとめたデータによれば、アナリストの予想平均は18億6000万ドルだった。一部項目を除く1株利益の見通しは23-24セント。アナリスト予想平均は21セント。

  セールスフォースが企業の間でのクラウド型サービスへの関心の高まりから恩恵を受ける中で、クラウドコンピューティング市場の開拓者の1人であるマーク・ベニオフ最高経営責任者(CEO)は成長加速に向け新製品や買収への投資を進めている。

  セールスフォースの株価は時間外取引で約8%上昇。24日のニューヨーク市場の通常取引では前日比0.6%安の62.52ドルで引けた。年初来では20%下落している。

  2015年11月-16年1月(第4四半期)の1株利益は一部の費用を除いたベースで19セントと、アナリストの予想平均と一致。売上高は25%増の18億1000万ドルで、アナリスト予想の17億9000万ドルを上回った。

  2017年1月期については1株利益が0.99-1.01ドル、売上高は80億8000万-81億2000万ドルとの見通しを示した。アナリストの予想平均は1株利益0.99ドル、売上高80億8000万ドル。 

原題:Salesforce Forecasts Top Estimates on Rising Cloud Adoption (1)(抜粋)

(3段落目以降に背景や株価を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE