NY金:続伸、2週間ぶり大幅高-逃避需要の買い

24日のニューヨーク金先物相場は続伸。ほぼ2週間ぶりの大幅高となった。世界的な株価が下げたことを背景に、逃避先資産とされる金の買いが強まった。金に連動した投資ファンドを通じた金保有は9日連続で増加した。

  デンマークのダンスケ銀行のエコノミスト、イェンス・ペデルセン氏は「年初以降のリスク志向の欠如が金価格にはプラスに作用している」と指摘。「金連動型上場投資信託(ETF)への資金流入は成長懸念や米利上げのリプライシング、分かりづらい中国の為替政策、中東の地政学的情勢の悪化が要因となっている」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比1.3%高の1オンス=1239.10ドルで終了。11日以来の大幅上昇となった。

  銀先物も上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のパラジウムは下落、プラチナは値上がりした。

原題:Gold Futures Advance as Equities Tumult Boosts Haven Appeal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE