英マン:2015年通期利益、4億ドルに減少-予想超える悪化 (訂正)

訂正済み

上場ヘッジファンド会社で最大手、英マン・グループの2015年通期決算は、市場予想を超える減益となった。成績連動型の手数料収入が減ったほか、利益率が低下した。

  ロンドンに本社を置くマンが24日発表した資料によると、調整後の税引き前利益は4億ドル(約450億円)と、前年の4億8100万ドルから減少。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト13人の予想平均は4億2490万ドルだった。

  運用資産は787億ドルと、14年末時点の729億ドルから増加した。

原題:Man Group Declines After Profit Hurt by Weaker Fees (Correct)(抜粋)

(原題と原文を差し替え、第2段落のアナリスト予想を訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE