スタンダードチャータードの貸倒引当金、初めてHSBCを上回る

  スタンダードチャータードのビル・ウィンターズ最高経営責任者(CEO)が直面する課題はどれほど大きいのか。バランスシート上の融資額はHSBCホールディングスがスタンダードチャータードの3.5倍あるが、不良債権による影響はスタンダードチャータードの方が昨年はより大きかった。

  両行共にアジア市場の伸び鈍化と商品価格下落に見舞われたが、スタンダードチャータードの2015年の貸倒引当金は50億ドル(約5590億円)。その大半はそれ以前の数年間に実施した融資を見直した結果、いまやリスクが極めて高くなったと判断して積んだ分だ。HSBCの昨年の引当金は37億ドルで、スタンダードチャータードが引当金額で史上初めてHSBCを上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE