ゲイツ氏:自身が米当局を支持との報道に失望-アップル暗号解除問題

米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏は23日、アップルの暗号解除問題で自身が米当局を支持していると示唆した報道に「失望している」と述べ、同報道は自分の考えを正確に伝えていないと指摘した。アップルはカリフォルニア州で昨年12月に起きた銃乱射事件の容疑者が使用していた「iPhone(アイフォーン)」の暗号を解除するよう求める裁判所命令を拒否している。

  ゲイツ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「報道はこの問題に関する私の見解を伝えていない」と発言。「政府が常に全ての情報を入手できるようにすべきだという極論は誰からも支持されないし、反対に政府に何も知らせないという考えも賛同を得ない」と指摘した。

  英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は23日、ゲイツ氏が同紙とのインタビューで、裁判所の暗号解除命令は一時的な要請であり、銀行や通話の記録提出と「何ら違いはない」と述べたと報じた。

  ゲイツ氏は政府が情報入手に関して、0%と100%の間でちょうど適正なバランスを取ることが重要だと語った。

原題:Bill Gates ‘Disappointed’ by Reports He Backs FBI Over Apple(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE