米メーシーズの売り上げ回復、1月の寒波で冬物衣料品に需要

更新日時

米百貨店大手メーシーズの2015年11月ー16年1月(第4四半期)は、1月に気温が下がったことが寄与し、後半に売り上げが回復した。

  米国では暖冬傾向が続いていたが1月に大半の地域でようやく気温が低下し、メーシーズではジャケットやブーツの販売が大きく増えた。この売り上げ急増でホリデーシーズンの低調さが一部相殺された。第4四半期の既存店売上高は4.8%減だったが、アナリスト予想(5.2%減)ほど落ち込まなかった。

  メーシーズはまた、今年度についても比較的明るい見通しを示した。23日の同社発表によると、今年度の利益は1株当たり3.80ー3.90ドルを予想している。アナリスト予想は同3.84ドル。同日の米株式市場で同社株は3%高の42.31ドルで終了した。

  第4四半期の利益は一部項目を除いたベースで1株当たり2.09ドル。アナリスト予想の平均は1.88ドルだった。

原題:Macy’s Rebounds After January Chill Revives Clothing Demand (2)(抜粋)

(株価を更新しチャートを追加します。.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE