インド株(終了):5日ぶり下落-予算案とデリバティブ取引期日控え

23日のインド株式相場は下落。指標のS&P・BSEセンセックスは5営業日ぶりに下げた。デリバティブ(金融派生商品)取引の期日を25日に控えるほか、来週には政府予算案の発表もあり、ポジションを新規に構築する動きが後退した。

  インドステイト銀行とICICI銀行の下げが目立った。世界最大の石炭会社コール・インディアは1カ月ぶり安値。電力会社NTPCは続落した。インド政府が同社株を割安価格で放出したことが背景にある。インド最大のたばこ会社ITCは約3年ぶり安値まで売り込まれた。

  センセックスは前日比1.6%安の23410.18で終了。30銘柄中28銘柄が下げた。前日までの4営業日では2.6%上げていた。インド市場でのデリバティブ取引の期日は毎月最終木曜日。

原題:Indian Stocks Tumble Most in Asia as Budget Session Starts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE