ポンド・ドル:1.40ドル割れ、09年3月以来-「Brexit」懸念で

更新日時

ポンドが24日、対ドルで下落し、約7年ぶりの安値を付けた。イングランド銀行(英中央銀行)の当局者は英国の欧州連合(EU)残留をめぐる不透明感がポンド相場の重しになっていると指摘した。

  ポンドは日本時間午前9時9分現在、0.2%安の1ポンド=1.3994ドル。一時は1.3986ドルと2009年3月以来の安値を付けていた。

原題:Pound Below $1.40 First Time Since 2009 Amid ‘Brexit’ Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE