レビット氏創業LGキャピタル、旗艦ファンド運用停止へ-大口償還で

マイケル・レビット氏が共同で創業し、イベントドリブン戦略を採用しているヘッジファンド運営会社LGキャピタル・マネジメントは、最大の出資者が償還に動いたことに伴い、旗艦ファンドの資金を顧客に返還する計画だ。

  LGキャピタルの旗艦ファンドの運用資産額は、2014年に3億5000万ドル(約393億円)でピークに達した。ブルームバーグが入手した19日付の書面でレビット氏が投資家に伝えたところでは、資金の95%を3月末までに投資家に返還する。ファンドの運用成績は昨年がプラス0.4%、年初から2月15日までがマイナス3.3%。運用開始以降のリターンは年換算でプラス10%となっていた。同社の社外広報担当は、ファンドの運用停止に関するコメントを控えている。

  

原題:Levitt’s LG Capital Fund to Shut After Big Investor Redeemed (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE