メッセージアプリと通信事業者は敵対せず-フェイスブックCEO

米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は22日、同社の「ワッツアップ」などのメッセージアプリと通信事業者の関係は敵対的ではなく「共生的」だとの見解を示した。バルセロナで開催中の携帯業界見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」での講演で語った。

  ザッカーバーグCEOは「どのような関係でも緊張は生じ得る」とした上で、通信ネットワークとメッセージ・プラットホームは相互補完的だと指摘。特に画像や動画の送信などメッセージサービス利用の大幅拡大は通信ネットワークのトラフィックと収入の増加を意味すると説明した。

  同CEOはその上で、通信事業者は音声やテキストメッセージではなく、データ伝送で利益を上げるようビジネスモデルを転換する必要があると述べた。ただ多くのネットワークはこうした転換を既に済ましていると付け加えた。

原題:Facebook Isn’t the Enemy in Messaging, Zuckerberg Tells Telecoms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE