中国株:上海総合指数、3週間ぶり大幅下落-元安と景気減速懸念で

更新日時
  • 中信証券と中国人寿保険が売られ、中国交通建設も2.3%下落
  • 3000の水準が心理的に大きな壁であり、投資家は慎重だとパン氏

23日の中国株式相場は下落。上海総合指数が3週間ぶりの大幅安となった。金融株と工業銘柄が下げの中心。中国人民銀行(中央銀行)がこの日の人民元の中心レートを6週間ぶりの大きさで引き下げたほか、2月の民間指標が景気減速の深刻化を示唆した。

  上海総合指数は前日比0.8%安の2903.33で引けた。中信証券(600030 CH)と中国人寿保険(601628 CH)がいずれも安く、金融株で下げが目立った。中国交通建設(601800 CH)は2.3%下落。CSI300指数は前日比1%安で終了した。

  華夏新供給経済学研究院によれば、2月の民新製造業購買担当者指数(PMI)は37.5と、1月の41.8から低下。非製造業PMIも37.5で、前月の43から悪化した。

  京華山一国際の調査責任者キャスター・パン氏(香港在勤)は、上海総合指数の「3000の水準が心理的に大きな壁で、投資家は慎重だ。同指数がこの水準を上回れば持ち高を減らそうとするかもしれない」とコメントした。

  香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.6%安で引けた。ハンセン指数は同0.3%安で終了。

原題:China’s Stocks Fall Most in Three Weeks on Yuan, Economy Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE