S&P500種、過去の買い時と直近のPER低下-チャート

S&P500種株価指数の株価収益率(PER)が16.5ー17倍に下げると、「放って置けないほどの割安感が出てくる」とオッペンハイマーのチーフ・マーケット・ストラテジスト、ジョン・ストルツファス氏は22日のリポートで指摘。S&P500種が年初来安値を記録した今月11日、PERはこのレンジの底まで下げた。その後19日までに同指数は6.1%戻し、2014年以降6度あった同様のPER低下後1カ月の値上がり率平均と一致した。

原題:When Does the S&P 500 Look Cheap These Days? Now We Know: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE