原油下落でロシアとインドの外貨準備が正反対の動き-チャート

  ロシアの外貨準備は2011年末以降25%余り減少しており、この間ではブラジル、ロシア、インド、中国のBRIC諸国のうち唯一落ち込んでいる。石油輸入国のインドとはほぼ反対の動きを示している。中国の外貨準備は3兆2000億ドル(約361兆円)と、BRIC諸国の合計の約3倍。資金が流出し人民元管理政策が実施される中、ピークだった2014年6月の4兆ドルから約19%減少しているものの、4年前とほぼ同水準となっている。人民元のドルに対する下落率は3.5%にとどまっており、これらの国々の通貨のうち最高のパフォーマンスを示している。インドのルピーは23%、ブラジルのレアルは54%、ロシアのルーブルは58%それぞれ下げている。

原題:Oil Puts Russia, India on Opposite Reserve-Asset Paths: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE