中国株:上海総合指数、1カ月ぶり高値-証監会トップ交代で政策期待

更新日時
  • 商品株やエネルギー銘柄が上げの中心、売買は30日平均を22%上回る
  • 市場は証監会の新主席就任で一段の支援策を期待するだろうと洪氏

22日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が約1カ月ぶりの高値となった。中国証券監督管理委員会(証監会)のトップ交代で、世界第2位の中国株式市場の後押しに向けた施策が講じられるとの観測が広がった。

  上海総合指数は前週末比2.4%高の2927.18で引けた。商品株やエネルギー銘柄が上げの中心だった。上海株の売買は30日平均を22%上回った。

  CSI300指数は前週末比2.2%高で終了。全業種が上昇した。廈門鎢業(600549 CH)と五鉱稀土(000831 CH)がいずれも値幅制限いっぱいの10%高となり、素材株の指数が3.8%上昇。山西西山煤電(000983 CH)も高く、エネルギー銘柄の上げを主導した。

  交銀国際の株式ストラテジスト、洪灝氏(香港在勤)は、「コンセンサス全般は今回の交代劇を強気の展開として捉えている」と分析。「市場は証監会の新主席就任で一段の支援策を期待するだろう」と述べた。

  香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前週末比1.3%高で引けた。ハンセン指数は同0.9%高で終了。

原題:China Stocks Rise to Highest in Month Amid Regulator Reshuffle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE