VW車の独国内リコール、現行ペースでは完了に32年かかる見通し

  • 予定通り1年以内に完了するには著しいペースアップ必要
  • リコール開始3週間で修理終えたのは4300台-対象車は240万台

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガス不正問題で、ドイツ国内でのリコール(無料の回収・修理)が予定通り1年以内に完了するには著しいペースアップが必要になっている。現在のままでは2048年までかかる見通しだ。

  VWはドイツ国内でのリコールを3週間前に開始。リコール対象車240万台のうち、現在までに修理を終えたのは4300台にとどまっている。週当たりでは約1400台と、1年以内にリコールを終えるのに必要な週4万6000台強をはるかに下回っている。

  ペースの遅さは、異なる車種とエンジンへの対応などの難しさを示している。それでも、リコール対象車の修理案がまだ当局に承認されていない米国と比べれば進んでいる方だ。

原題:Your Rigged VW Will Get Fixed Sometime Between Now and 2048(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE