欧州マーケットサマリー:株が3週間ぶり高値、債券総じて上昇

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1018   1.1130
ドル/円            113.07   112.63
ユーロ/円          124.58   125.31


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  331.82     +5.45    +1.7%
英FT100     6,037.73   +87.50    +1.5%
独DAX      9,573.59   +185.54   +2.0%
仏CAC40    4,298.70   +75.66    +1.8%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .54%        .00
独国債10年物     .18%        -.03
英国債10年物     1.39%       -.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,211.00    -20.15   -1.66%
原油 北海ブレント         34.81     +1.80    +5.45%

◎欧州株:3週間ぶり高値、資源株に買い-英FTSE100も上げる

22日の欧州株式相場は3週間ぶり高値に達した。資源銘柄の上げが 目立ち、昨年12月上旬以来の高値を付けた。

指標のストックス欧州600指数は前週末比1.7%高の331.82で終了。 資源銘柄ではスイスのグレンコアのほか、英豪系鉱山会社のBHPビリ トンとリオ・ティントが大きく買われた。

英国では欧州連合(EU)残留・離脱の是非をめぐる論議が活発化 しているが、同国株の指標であるFTSE100指数は1.5%上昇。鉱業株 が同指数を押し上げた。また、ジョンソン・ロンドン市長がEU離脱 「Brexit」を支持し、これを手掛かりにポンドが下げたことも支 援材料となった。

ダンスケ銀行(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、アラン・フ ォンメーレン氏は、「かなり大きなリスクが幾つかまだあるものの、あ まりの売り浴びせを受けた相場はそろそろ反発する時期だった」とし、 「資源セクターが好転した。中国をめぐる懸念の一部も和らぎ始めてい る。安堵感から急上昇するこの局面では、相場にはもう少し上がる余地 がある」と語った。

個別銘柄では、英アソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ が1.2%上昇。衣料品小売りのプライマークや食品会社キングスミルを 傘下に置く同社は通期利益見通しを上方修正した。触媒を手掛けるベル ギーのユミコアは7.2%上昇。同銘柄の買いをUBSグループが勧め た。英小売りのホーム・リテール・グループは13%急伸。南アフリカ共 和国のシュタインホフ・インターナショナル・ホールディングスがJ・ セインズベリーに対抗して14億ポンドでの買収案を提示した。セインズ ベリーは2.3%値下がり。

原題:Miners Surge Sends Europe Stocks to 3-Week High; FTSE 100 Gains(抜粋)

◎欧州債:総じて上昇-経済指標でECB追加緩和への期待高まる

22日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が総じて上昇。域内景気 の減速兆候で欧州中央銀行(ECB)が来月に金融緩和を拡大するとの 見方が広がり、国債需要を押し上げた。

イタリア10年債も値上がり。英マークイット・エコノミクスが発表 したユーロ圏の製造業と サービス業を合わせた2月の総合購買担当者 指数(PMI)速報値は52.7と、約1年ぶりの低水準に低下した。欧州 債の指標とされるドイツ10年債は3営業日続伸。先週に2015年1月以来 の週間大幅高となった欧州株がこの日も上げたものの、ドイツ債には影 響しなかった。ドイツ製造業の活動状況を示す指数は2月に1年3カ月 ぶり低水準に落ち込んだ。

ブルームバーグ世界国債指数によれば、ドイツ債のリターンは年初 から今月19日まででプラス3.4%。ドラギ総裁率いるECBが緩和を拡 大するとの観測が背景にある。同国債は米国債とともに世界で最も安全 な資産の一つと見なされており、年明けの株安に伴う質への逃避も支援 材料だった。

ラボバンク・インターナショナルのストラテジスト、マシュー・ケ アンズ氏(ロンドン在勤)は「域内経済が低迷からほとんど抜け出した と示唆するような力強いパターンが、主要経済データからは十分にうか がえない」と指摘。緩和「プログラムが最終的に拡大されるのは明らか だ。ドラギ総裁は政策委員会の中で十分な支持を得たように見える。市 場の期待を好転させようとECBができる限りの措置を講じるのだか ら、これは強気の環境だ」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時33分現在、イタリア10年債利回りは前週末比 4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.52%。同国債 (表面利率2%、2025年12月償還)の価格は0.37上げて104.36。同年限 のスペイン債利回りは5bp下げて1.66%。一時は8日以来の低水準に 達した。

ドイツ10年債利回りは2bp低下の0.18%。過去2営業日で7bp 下げている。11日には0.13%と、昨年4月以来の低水準をつけている。

原題:European Bonds Advance as Data Support ECB Stimulus Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE