米ヤフーが22日にも中核事業の買い手候補と接触開始-関係者

更新日時
  • ベライゾンやコムキャスト、AT&Tが関心を持っていると関係者
  • ベイン・キャピタルやKKR、TPGといったPE投資会社の名も

中核事業の買い手探しを進める米ヤフーは、22日にも候補企業への接触を開始する。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  交渉に関する情報が部外秘であることを理由に同関係者が匿名で明らかにしたところによると、ベライゾン・コミュニケーションズやコムキャスト、AT&Tのほか、ベイン・キャピタル・パートナーズ、KKR、TPGといったプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社も関心を持っている。最初の買収案提示は1カ月後以降になる可能性が高いという。

  ヤフーは投資家からの圧力が強まる中、社内改革や企業取引の検討を進めており、19日には財務アドバイザーを起用するとともに、社外取締役から成る新設の委員会に戦略的選択肢の模索を要請したと発表した。発表資料によれば、アドバイザーに起用されたのはゴールドマン・サックス・グループとJPモルガン・チェース、PJTパートナーズ。

  ヤフーによると、この委員会が買い手候補と接触し、買収案をめぐって提言する。ヤフーとベライゾン、コムキャスト、AT&T、TPGはいずれもコメントを控えた。ベインとKKRにコメントを求めたが、これまでに返答はない。

  ヤフーの株価は昨年34%下げた後、今年に入っても約10%下落している。19日終値は30.03ドルで、この価格に基づく時価総額は約280億ドル(約3兆1500億円)。

原題:Yahoo Said to Start Approaching Possible Bidders Soon As Monday(抜粋)

(3段落目以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE