中国:証監会の肖鋼主席を解任-株式相場は先月大きく値下がり

中国政府は証券監督管理委員会(証監会)の肖鋼主席を解任した。同国株式市場では昨年、時価総額5兆ドル(現行レートで約563兆円)が失われ、当局は前例のない市場救済に乗り出した。今年に入り、先月再び株価は大きく値下がりしていた。

  肖氏(57)は2013年3月から証監会主席を務めてきた。同主席の解任は20日、国営の新華社通信が国務院の発表を基に伝えた。後任は中国農業銀行の会長、劉士余氏。

  証監会は1月、株式サーキットブレーカー制度を導入したが、市場を安定させることはできずに混乱を深め、わずか4日で停止した。

  群益証券のアナリスト、鄭春明氏(上海在勤)は今回の人事発表前に「サーキットブレーカー制度の停止を受け、誰かが責任をとる必要があった」と語っていた。

  

原題:China Removes Xiao as CSRC Head After Stock Market Meltdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE