UBS、KKRのオドノバン氏とドイツ銀のシュワルツシルト氏を採用

スイスの銀行、UBSグループは、エクイティ・キャピタル・マーケット(ECM)事業とファイナンシャルスポンサーを担当するグループ向けにそれぞれ1人ずつ、計2人のバンカーを採用した。

  マイケル・オドノバン氏は、米州ECM事業のマネジングディレクターとしてUBSに加わる。同行コーポレート・クライアント・ソリューションズ部門のグローバル会長、ロス・ステフェンソン氏が送付した行内メモで明らかになった。UBSの広報担当者はメモの内容を確認した。オドノバン氏は以前、米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社KKRで資本市場部門に在籍。UBSでは米州の戦略的エクイティ・ソリューションズ・グループを率いることになる。

  アダム・シュワルツシルト氏は、ファイナンシャルスポンサーズ部門のエグゼクティブディレクターとしてUBSに加わる。同氏は以前、ドイツ銀行に勤務していた。

原題:UBS Hires KKR’s O’Donovan, Deutsche Bank’s Schwarzschild(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE