米テスラCEO、待望のドメイン名「テスラ・ドット・コム」取得

米電気自動車メーカー、テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はついにドメイン名「Tesla.com(テスラ・ドット・コム)」を手にした。同ドメイン名はシリコンバレーの1人のエンジニアによって所有され24年間事実上使用されていなかった。

  「テスラ・ドット・コム」は1992年以来、ステュー・グロスマン氏によって所有されており、マスクCEOはこれより若干長いドメイン名「Teslamotors.com(テスラモーターズ・ドット・コム)」を使用することとなっていた。テスラの広報担当者は19日、同社がテスラ・ドット・コムを取得したことを確認した。

  グロスマン氏がドメイン名をテスラに売却したのかどうかは明らかでない。同氏からはこれまでのところコメントを得られていない。テスラの広報担当、コビ・ブルックリン氏は、ドメイン名取得を確認するにとどめ詳細についてのコメントを避けた。

原題:Tesla’s Musk Gets Tesla.com Domain Name After Waiting a Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE