米ディーア:通期業績見通しを下方修正-農業の先行きは暗いと判断

農業機械メーカー最大手の米ディーアは、2016年10月通期の純利益と売上高の予想を引き下げた。農業の先行きが収入減少で一段と暗くなったことを理由に挙げた。

  同社の19日発表によると、通期の純利益見通しは約13億ドル(約1470億円)と、昨年11月時点の14億ドル前後から下方修正。機械売上高は約10%落ち込むと予想。これまでは約7%減を見込んでいた。

  第1四半期(15年11月-16年1月)の純利益は1株当たり80セントと、前年同期の1.12ドルを下回った。アナリスト19人の予想平均は71セント。

原題:Deere Cuts Profit Forecast Amid Weaker Outlook for Farm Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE