クレディ・スイスを調査、イタリア当局が資金洗浄めぐり-関係者

クレディ・スイス・グループがマネーロンダリング(資金洗浄)に関わり、さらに脱税したかをミラノの検察当局が調査していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。いずれも、税務当局から資金を守るためにイタリアの顧客が利用した保険商品の販売に絡むものだという。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、クレディ・スイスは2005年から、約4000人の顧客が最大80億ユーロ(約1兆円)を隠すのを助けた可能性がある。これら資金はイタリア税務当局に申告されなかった不法所得が大部分だという。

  関係者によれば、クレディ・スイスはリヒテンシュタインとバミューダに籍を置く子会社が引き受ける保険商品を販売し、これにより顧客はスイスの源泉徴収税を免れた。クレディ・スイスは販売で得た手数料収入をイタリアで申告せず脱税した疑いもあるという。

  クレディ・スイスは電子メールで同行には「イタリアの法にのっとって事業を行うための明確な内部規則と手順がある」とした上で、「進行中の調査についてはコメントできない」と説明した。

原題:Credit Suisse Said to Be Probed in Italy for Money Laundering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE